誰でも作れるETCカード

クレジットカードが訳あって持てないという人もいらっしゃると思います。

例えば、以前に債務整理を行いまた5年経過しないために、クレジットカードを作ることができないとか、経済的に問題がありクレジットカードが作れないとか。

こういう人たちは便利なETCカードが持てないの?というと、そんなことはありません。

クレジットカードを持っていない.作れなくても、デポジットを利用してETCカードを持つことができるんです。

デポジットというのは保証金のことです。

保証金を支払うことで、預託してETCを利用できるというカードです。

高速道路6社が共同で発酵しているカードで、クレジットカードが持てないという人も、ETCカードで有料道路を利用できます。

申し込みを行ったら預託金つまり保証金を支払います。

利用した道路の料金支払は、株式会社ゆうちょ銀行やその他銀行の貯金口座から1か月単位での引き落としということになります。

間違えやすいのは、このETCカードの場合、プリペイドカードのような「前払い」制ではないということ。

預託金は平均利用月額を5000円単位で切り上げた金額の4倍となります。

1万円未満の場合は、1万円での計算となります。

例えば月額利用が5000円くらいの場合、1万円未満なので1万円×4で40,000円都都いうことになります。

Comments are closed.

最近の投稿

カテゴリー

メタ情報