ETCカードの利用の注意

ETCカードを利用して通行料金を楽々支払うことができるようになりましたが、やはりETCカードのシステムを事故なく、周りの方に迷惑をかけることなく利用するためには、注意点を知っておくということも必要です。

一番知っておくべきことは、減速するということ。

高速道路を走ってきたそのままのスピードで料金所を通過できるというシステムではありません。

料金所に入る前に必ず20kmいかに減速、徐行してから侵入するというのが規則です。

あまりにも早いスピードで料金所に侵入してしまうと、車載器と料金所のアンテナ通信がうまくいかず、バーが開かないということもあります。

こうなると、激突!!さらには後続車にも迷惑をかけることもあります。

また、ETCカードのシステムを利用することもそうですが安全に運転を行うということで、車間距離をしっかり取るということも必要です。

車間距離を取らずにいれば、料金所でETCカードのシステムが何らかの不具合で開かず前の車が停止したというときに停止できなくなってしまいます。

車間距離をしっかり取っておくことで、こうした事故を未然に防ぐことができますから、車間距離をしっかり取るということも忘れないようにしましょう。

勿論、ETCのカードを、しっかり車載器に入れるということもお忘れなく。

Comments are closed.

最近の投稿

カテゴリー

メタ情報